福岡人ニュージーランドに移住 ~イクメンげなそげん洒落たもんじゃなかばい!~

移住して12年、3歳('09年10月生まれ-男児)と0歳('12年2月生まれ-女児)の【父親育児】と【ニュージーランド的庶民生活】の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

香港へ 2

ナゾのおじさんとレストランのテーブルでおじさんのお友達ば食べながら待っとったとですよ。

3人の中国人の方がなんやらこのおじさんとヤイヤイ中国語で話して席に着いたとです。

ナゾおじ「この人は私の友達でテレビ局で働いてます、こっちの人は建設会社の社長さんです、この人はホテルを持っている社長さんです。」

........うわーーーっ俺はちょっと場違いなところに居るっちゃなかろうか?.........

建設会社の社長さんが俺にタバコを1本くれました。

とその社長さんその場に居る全員にタバコを1本づつ配っとりました。

はー金持ちは違うばい。

しかもタバコはカルチェやらダンヒルやら当時俺は知らん結構高いタバコやったとです。

全員の中の一人でもタバコが終わると又別の人がタバコば配る。

そのうち俺が配らないかんような気がして皆さんに配ろうとしたとですよ。

ナゾおじ「あなたはタバコを出さなくて良いんですよ、大丈夫」

「ばってんこげん皆さんから頂いてなんか悪いです」

ナゾおじ「中国では別に普通にみんなやるからきにしないでください。」

こげな感じで連続20本くらい続いたとです。

..........さすがにもう吸いたくないし気持ち悪かー

タバコば貰うのを断ることができんでトイレに行ってきますーっちちょっと逃げたとですよ。

しかもこん時自分の荷物ばナゾのおじさんにお願いしますってぜーんぶ預けてから....。

今考えたら人にそんなの簡単に預けて恐ろしか話ですたい。

トイレで大やったら20分ぐらい帰らんでもよかろーか?

15分位で席に戻った時なんと俺の席のテーブルの上には5本のタバコがきれーに置かれとりましたー

どうやら無理して吸う必要も無く机に置いておいても良かったみたいばい。

みんな恐ろしくチェーンスモーカーやったとです。

そんなこんなで3時間くらい座っとったろうか?

みなさん立ち上がりどうやら次の飛行機に乗る準備ば始めたとですよ。

ナゾおじ「あなたはまだ6時間以上次の飛行機まで待つのでみんなかわいそうだと言ってますよ。」

建設会社の社長さんがなんやら中国語で一言言って自分のカバンから高級タバコ1カートンば私に差し出して

今でも覚えとるんですが「ツァイチェン!」(再見)と握手されみなさん行かれましたばい。

なんかえらい太っ腹であったかい人達やなーって思いましたばい。

それまで中国やら自分では正直変な偏見が有ったと思います。ばってん一気に吹っ飛びましたー。
中国でも日本でも親切で正直な人も居るし悪い事する人も居るっち思いましたばい。

それから次の飛行機に乗るまでタバコは一切吸わんかったっち言うか吸えんかったですが

それからの6時間はほんとーに長い時間やったですたい。

出発の2時間前位に出発時間表示のパネルがパタパタ動いてやっと俺が乗る便が表示されましたー。

最後に行き先が出るとですけどパタパタパタ.........メルボルン

.........................................................!!!

はーーー?メルボルン?俺はシドニーに行くはずやがなんで??

近くにトランシーバー持った空港のスタッフが居ったけん慌ててチケット見せてパネルば指差して

「アイゴートゥーシドニー、シドニー!」必死に言いましたばい。

スタッフ「イエス、シドニーOK」

うん?待てよ........もしかしたらまた乗り継ぎかいな?


まーOKっち言われたけん大丈夫やろうと不安やったが成るようになれーっちヤケクソでしたばい。

姉ちゃん、あんたいい加減にしとかないかんばい。全然聞いとらんばい
チケット取ってもらった姉ばうらみましたー。

頭ん中で......メルボルンっちいうてもおんなじオーストラリアやけんメルボルンからタクシーに乗ってシドニーまで行けばよかろう.........

後になって知ったとはオーストラリアはそりゃーでかい国ですたい。

シドニーからメルボルン、列車で一晩かかる距離ですたい、タクシーやら恐ろしかばい。

そんぐらい俺の知識はまーったく無かったとですよ。

思った通りメルボルンでまた乗り継ぎカードば貰ってまた3時間待ちでしたばい。

やっとシドニーに着いたときにはもう結構ヘトヘトやったです。

着いたばっかりやったとにもう気持ちは日本に帰りたかーで一杯やったですばい。

ながーくなってしまったばってんこれが最初の海外行きでしたー。

読んでくださって有難うございましたー。

そんな俺がニュージーランドで将来住むやらこん時は考えもせんかったことですばい。

人生どう転がるか本当に分からんもんですねー!



ランキングに参加しましたばい。どれでん良かですけん「あんたが大将ー!」っちポチっとお願いしますばい。
そしたら馬車馬のごつ頑張りますたい。
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





[タグ未指定]
[ 2010/07/21 10:27 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)
ひょえ~なんてタバコのかずだっぺ~!!!中国の方そういう風習もあるんですね~☆
[ 2010/07/22 08:33 ] [ 編集 ]
ゆなかなたさん

どーもです。

みんながみんなそうか分からんですけどねー。
その場に居った人以外も結構吸いよったですよー。
[ 2010/07/22 10:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

ひよっぴー

Author:ひよっぴー
ニュージーランドに移住して12年。このブログは九州の方言で綴っていきます。

この方が書いていくのに簡単だと思ったのは大間違い!方言は文章変換が非常に大変な事に暫く経ってから気づく。

現在はニュージーランドで出会った妻と2人の子供との4人家族。
ただ今3歳の息子と6ヶ月の娘の育児と格闘中。

高校卒業後、単身オーストラリアへ語学留学、翌年ワーキングホリデーで旅行はオーストラリア東半分を制し、その後ビジネスビザで合計5年間滞在。

日本へ帰国しいろんな仕事をした後、2000年にニュージーランドへ来てから「永住権申請」までに6年かかり、さらに申請後は、移民局から申請を一度取り下げられ日本帰国を覚悟しましたが、当時の仕事先の社長が移民局に直接連絡くださり異例の<永住許可>が降りました。

大事な事は「諦めない事」!

海外に長く住んでるので今の夢は日本をゆっくり旅行したいという事になってしまってます。

2011年にPure Direct New Zealand Limited と言う会社を立ち上げ、家族でオンラインショップNew Zealand ピュアセレクトショップを経営しています。

お気軽にメッセージどうぞー。
皆様どうぞよろしくお願い致します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

博多んもん★点取り


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。