福岡人ニュージーランドに移住 ~イクメンげなそげん洒落たもんじゃなかばい!~

移住して12年、3歳('09年10月生まれ-男児)と0歳('12年2月生まれ-女児)の【父親育児】と【ニュージーランド的庶民生活】の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

また臨時の先生

今日も張り切って今週最後の授業行きましたばい。

今日は朝ちょっと晴れとったばってんすぐに真っ暗になって一日中雨でしたばい。

金曜日やしこの天気やったらいっぱい休む人が居るっちゃないかなーっち思って教室に入ると、なんと6人だけしか来とらんかったとです。

30分後からあと4人来ましたばってんねえ。

いくら無料とはいえちょっとあからさま過ぎでしたばい。

ほんで6時の授業スタート時間にいつもの先生じゃなくてまた臨時の黒人の若い男の先生がやってきたとです。

先生、生徒のあまりの少なさにびっくりして他のクラスが結構いっぱい来とったけん3,4人うちのクラスに臨時で流したみたいですばい。

先生「はいー今日はここの先生休みですけん私が今日はやりますばい。んふふ。」

先生「今日は雨で嫌やねー、ニュージーランドがあったかくなってくるとはいつ位ですかねえ?んふふ。」

俺等はなんで先生がそんなこと聞くとか意味が分からんやったですたい。

中国人の女の子が「9月くらいからじゃないかなあ......。」

先生「おー、そうねえ、あっ私はまだオークランドに来て4週間ですたい。」

みんなびっくりたい

先生「私についてなんか質問ありますかねえ?んふふ。」っち聞きますけん

俺の隣の韓国人のおじちゃんが

「先生は何処から来んしゃったとね?」

先生「あっ私ですか?私の英語のアクセントで何処から来たか当ててみてんね?」

俺が目があってしまったけんクセがある英語っち言って黒人の方やったけん

「えーっと、サウスアフリカですかねえ?」

先生「ノン、違うばい。んふふ。」

で俺から順番に横一列聞いていったったい。

次の人「ケニヤじゃなかですか?」

次の人「タンザニアでしょっ?」

次の人「アルジェリア?」


アフリカの国の名前ばっかり出てきよったとですよ。

ぜーんぶちがっとったですばい。

次の人「あっもしかしてアメリカじゃなかですか?」

先生「私はアメリカのアクセントは好かんですもんね。んへへ。」

しびれば切らしたとでしょう、自分で言いましたたい。

イギリスの方でしたばい。

俺等はなんとも失礼でこれが偏見でしょうたいねえ。

よく聞いてみたらバリバリのイギリスのアクセントやったとたい。

俺が最初にサウスアフリカとか言うてしもたけんねえ、すんまっしぇんでしたー。

今日はロシア、南米おばちゃん軍団誰も来とらんやったけん静かーな授業でしたばい。

ばってんこの先生なんか言うたんびに「ふふっ。」やら「んふふ。」やらちょっと入るとが気になってしょうがなかったばい。

んでうちのクラスはうるさいおばちゃん達が居らんかったら結構ジョークも通じんほど静かですけんえらい浮いとったですばい。

先生が んふふっち笑いかけたっちゃみんなシーンとしとるけん先生やりにくかったやろうねえ。

そんでうちの元の先生は何で休みやったとやろうかねえ?

やっぱり先生達もフライデーナイトやろうかねえ。



いつも押して頂いてありがたいこってす。
「あんたが大将ー!」っちポチっとお願いしますばい。
そしたら馬車馬のごつ頑張りますたい。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
「大将、いつもすまんねえ。」



[タグ未指定]
[ 2010/08/20 22:26 ] 未分類 | TB(0) | CM(1)
みれたよ~
さっきは、電話ありがとう!これからも、ちょっとした事でもいいけん、そうだんしてみて~学校がんばって!
[ 2010/08/28 15:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

ひよっぴー

Author:ひよっぴー
ニュージーランドに移住して12年。このブログは九州の方言で綴っていきます。

この方が書いていくのに簡単だと思ったのは大間違い!方言は文章変換が非常に大変な事に暫く経ってから気づく。

現在はニュージーランドで出会った妻と2人の子供との4人家族。
ただ今3歳の息子と6ヶ月の娘の育児と格闘中。

高校卒業後、単身オーストラリアへ語学留学、翌年ワーキングホリデーで旅行はオーストラリア東半分を制し、その後ビジネスビザで合計5年間滞在。

日本へ帰国しいろんな仕事をした後、2000年にニュージーランドへ来てから「永住権申請」までに6年かかり、さらに申請後は、移民局から申請を一度取り下げられ日本帰国を覚悟しましたが、当時の仕事先の社長が移民局に直接連絡くださり異例の<永住許可>が降りました。

大事な事は「諦めない事」!

海外に長く住んでるので今の夢は日本をゆっくり旅行したいという事になってしまってます。

2011年にPure Direct New Zealand Limited と言う会社を立ち上げ、家族でオンラインショップNew Zealand ピュアセレクトショップを経営しています。

お気軽にメッセージどうぞー。
皆様どうぞよろしくお願い致します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

博多んもん★点取り


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。